--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/08/25 (Wed) 00:25
誰も見てなさそうなとこで書くこと

日本国はいま国家的危機に突入している。
それは現与党の非正統性、国民主権の脆弱性、政府の危機管理能力の欠如である。
もっとあるだろうが。

まず現与党の非正統性。
これを書いている段階の最新の情報は「来年度予算の概算要求の先送り」である。8月に・・・だ。
管氏(彼を首相と呼称したくない)は「概算要求を8月末に出すのは単なる習慣」としている。
本当に習慣と考えているなら、彼は省庁の働きを理解していない。
8月末に提出する理由は、それでなくては来年の国会に間に合わないからだ。
この理由を単なる習慣と片付け、先送りにするなら、来年の国会運営をあきらめるというカタチを図らずとも、とってしまう。

また、韓国併合に関する談話、終戦記念日における演説。談話は河野談話以降の流れとして仕方ないとしても、演説は特に非難されるべきである。内容はここに書かないが、国内向けの演説であるべきである(戦没者に対してである)のに対し、彼はアジアの話に持っていった。戦没者にただただ哀悼の意を、尊敬の意を示す場を、政治の場としてしまった。

ほかには日銀とかいろいろあるけれども、これは政府の危機管理能力に振ることにする。

私はこれらにより、現与党に政権を担う能力がなく、(選挙で勝利したとはいえ{ヒトラーと同様}、)日本国に対して正統性を持たないものと判断する。

「日本における国民主権の脆弱性」は次に書きます。
「政府の危機管理能力の欠如」も次に書きます。
スポンサーサイト

2010/08/11 (Wed) 21:26
mixiがぶっ壊れてたので

こっちに書き込むよ

マンガ描く2?pでし。
あと宴も描きたいけどプロット来ないんでとりあえず放置。
スパビどうすっかなあ

てところです

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。